ペット用水素水とは?どんな効果?

ペットの健康管理に最適

ペットに飲ませる水は、硬水ではなく軟水がいいと言われていますが、最近ではペット用の「水素水」というのが出回っているようです。

この水素水はなんなのかというと、水素ガス(H2)に水を混合充填したもの
水素は酸素と結び付きやすく、水素分子を単体で水の中に存在させるのは難しいと言われているのですが、それが各種研究によって可能になったそうで…水素が高濃度に溶けている水素水を完成させたのだそうです。

ペット用の水素水は、電気分解などの科学的処理を施さず水素だけを注入
この水素は厚生労働省から添加物として認められており、人はもちろんペットなどの動物に注入しても問題がないそうです。

不要な分は自然に体外に排出され、化学的な処理も行わないのでミネラル分が水に溶けだすこともないのだそうです。
つまり、ペットも安心して口にできる水…ということなのです。

ペット用に開発された水素水はミネラルだけでなく塩素なども除去されていますから、愛犬の日々の健康管理に役立ち、腎臓病や尿結石症などのトラブルを起こしにくくします。
そういう意味では、特に体の機能が弱まっているペットなどには最適といえます。

実際に使い続けている人からは、「毛並みがよくなった」「抜けが減った」「皮膚トラブルがみられなくなった」「体臭や排出物のニオイが気にならなくなった」「年の割には元気」「食事をしっかりと食べるようになった」「無駄吠えをすることが減り、精神的にも安定してきたように思える」といった声が上がっているそうです。
体内環境が良くなって、それによる変化がいろんなところで見られるようになってきたのですね。

トップへ戻る