ウォーターサーバーを導入するメリット

ウォーターサーバーが愛犬の健康を守る

愛犬用のウォーターサーバーを導入するのは、とても贅沢のような感じがしますが、愛犬は人と違って言葉を使って意思を伝えることも、手足を器用に使って水を自由に得ることはできません。
ただ、身振りや鳴き声で「喉が渇いた」「水が欲しい」と訴えてくるのです。

飼い主がいつでも一緒にいればそこまで問題にならないかもしれませんが、留守の際などにはどうでしょうか?
喉が渇いて水が欲しくなっても、すぐにもらう事ができません。

飼い主が帰ってきてから…しかも、すぐに気がついてくれるかどうかはわかりません。
そういった意味からも、愛犬も飲みたい時に飲めるウォーターサーバーがあると安心です。

特に、夏の暑い日などは水分摂取が増えますから、こうした時期の体調管理にも役立ちます

ウォーターサーバーの最大のメリットは、こうした「好きな時に、愛犬の意思で飲める」ということではないでしょうか。
飼い主としても、留守にする際には安心です。少なくとも、水分不足になることはないのですから。

お皿に水をいれておけばいい…という考えもありますが、意外と空中にはホコリが舞っているもの。
しかも、愛犬のお皿は床に置かれることが多く、その低さからもホコリはもちろん、ゴミなども入りやすいものとなっています。
水の上にホコリやゴミが浮いている…そんな水を飲みたいと思うでしょうか?
気にせず飲んだとしても、それが原因で病気を発症させることにでもなったら最悪です。

水道水に含まれている塩素などの消毒薬が原因で引き起こされることもあるのですから、置きっぱなしにしていた水から体調不良を引き起こすことも十分に考えられるのです。

その点、ウォーターサーバーは必要な分だけ飲めるのですから、そうした危険性も少なくなります。
これもウォーターサーバーを導入する大きなメリットとなるのではないでしょうか。

トップへ戻る